視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


視力矯正のプロセス

視力矯正に、レーシック手術を受けべきかどうか、迷っている人もいるでしょう。レーシックなどの手術は注意しなければいけないことも数多くあります。信頼できるクリニックを探し、クリニックを決めても、今度は手術について医師から詳しく説明を受け、改めてどうしようかあれこれ悩んだりするかもしれません。短期間で回復するとはいえ、面倒なことも多く、決して安易に考えるべきではありません。

さほど強くない近視の場合、規則正しい生活を続けることで出来る視力回復トレーニングなどの方法もあります。レーシックに踏み切る前に、視力回復トレーニングで裸眼で生活できるようになるまで視力が回復すれば、それに越したことは無いでしょう。まずは、危険が無く、費用的にも安く済む、視力回復トレーニングのような、じっくり、リラックスしながら視力の改善を進めていく視力矯正の方法を試してみるべきかもしれません。

数ケ月、1年たってもなかなか回復せず、これ以上続けることがストレスとして感じてくるようなら、レーシックの手術へ踏み切る、という流れで、少し長期的に視力矯正の手段を考えてみるのも良いことでしょう。ただ、これには継続が大切です。一生を共にする大切な目なので、焦らず、じっくりと回復を試みる姿勢も大切です。

視力回復トレーニングにしても、トレーニング機器が必要になったり、視力回復センターへ通うとなると、それなりの費用がかかるのでは?と思うかも知れません。しかし、レーシックと比較すれば、安いのは間違いありません。視力を回復させることにそこまで執着心はないという人や、お金をあまりかけることができないという人は、少しずつ視力回復トレーニング行っていくことから始めても良いかもしれません。まずは、自分なりの目標を決めることです。「今の視力は0.1だが、何とか0.6まで回復したい」とか「重度の真性近視から抜け出したい」など、具体的な目標を持つこともポイントです。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること