視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


屈折異常の種類について

視力の矯正とは、「屈折異常の矯正」ということになります。屈折異常には、まず近視を思い浮かべますが、その他にも遠視や乱視があります。この場合、老眼は少し別のものと考えられます。目は、カメラと同じような構造をしていて、外からの光をレンズである水晶体などで屈折させ、網膜にピントをあわせる、という仕組みになっています。

正常に焦点が結べる状態が正視ですが、そうでない場合、屈折異常を起こしていることになります。では、屈折異常にはどのような種類があるのか、改めて知っておくのも良いでしょう。

■近視=光が網膜の前でピントを結んでしまうため、遠くのものがぼやけて見える状態です。眼軸が長いという遺伝的な要因の場合もありますが、一般的に、屈折性近視のケースが多く、通常は凹レンズで矯正されます。

■遠視=近視と逆の状態で、光が網膜の後ろでピントを結んでしまう状態です。よく、近くが見えにくくて、遠くは良く見える状態、と思われがちですが、実際は遠くも近くもぼやけて見えてしまう状態です。調節力があるうちは、水晶体の厚さを調節できるため気がつきにくいのですが、調節力がなくなると遠視が顕在化してきます。凸レンズで矯正します。

■乱視=角膜などが歪み、正常な球面をしていないため、網膜に焦点が結べず、近くも遠くも見えにくくなった状態です。いくつか種類があり、光の屈折の大きさの角度によって分かれます。調整は難しくなります。

■老視=年をとるにつれ、水晶体の調節力が低下し、近くのものがぼやけて見えにくくなる状態です。通常、近くのものを見るときだけ、凸レンズで矯正します。近視の場合、メガネをはずせば近くのものが見えるので、凸レンズを必要としないこともあります。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること