視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


ラセックによる視力矯正について

レーシック以外の視力矯正の手術としては、ラセック(LASEK)というものもあります。ラセックは、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折力を矯正する方法としてはレーシックと同じですが、フラップの作成方法が異なります。レーシックは、マイクロケラトームなどの、言わば精密なカンナを用いてフラップを形成しますが、ラセックの場合、アルコールなどの薬品を使い、角膜上皮をふやけさすように柔らかくし、薄皮を剥がすようにしてフラップを作る、という点が大きな違いです。

ラセックだと、レーシックよりも非常に薄いフラップが作成可能で、角膜上皮のみの非常に薄いフラップを作成することで、角膜実質層の厚みを十分残すことができるので、従来のレーシックだと不適応とされる、強い近視の人や角膜の薄い人でもエキシマレーザーによる角膜矯正が可能となります。角膜上皮のみのフラップは、数日で再生するため、眼に強い衝撃を受けてもずれることがない、というメリットもあります。

フラップが非常に薄いので、術後数日間は保護用のコンタクトレンズを使用します。レーシックに比べ、少し痛みが伴うこと。回復まで多少の時間がかかる、というのがデメリットですが、レーシックを受けられない人にとっては、救いとなる手術法とも言えます。

ただ、非常に薄いフラップを作成するため熟練した技術が必要となります。またエキシマレーザーの照射により、ボーマン膜が消失してしまい、一度消失したボーマン膜は再生されないため、角膜混濁のリスクが高くなり、強度近視にも限界がある、というデメリットもあります。まだ歴史が浅いため、眼球にアルコールを直接浸すという術式だと、長期的な観点で見ると、目に何らかの影響を起こす可能性もあるとも言われています。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること