視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


フェイキックIOLによる視力矯正について

視力矯正の手術として、レーシックが広く知られるようになりましたが、レーシック以外にも、視力矯正の手術はあります。フェイキックIOLもその一つです。フェイキックIOLは「有水晶体眼内レンズ」のことで、眼内レンズとは、本来白内障の手術で使用されるもので、白内障で白く濁った水晶体を取り除く代わりに、眼内に入れる人工レンズのことです。

フェイキックIOLは、近視を治すための眼内レンズを、水晶体を残したまま、眼内に追加するかたちで挿入する方法です。フェイキックIOLのメリットとして、レーシックはレーザー光線を角膜に照射し、角膜を削る事で近視を矯正しますが、強度近視だと手術ができない場合があり、また、元から角膜が薄い場合もレーシックの手術が受けられないケースがあります。これに対し、フェイキックIOLは角膜を削るものではないので、レーシックでは難しいとされる強度近視や角膜が薄い人でも、近視矯正が可能となる、というところです。

また、レンズの取出しが可能なので、必要に応じてレンズ交換が可能、というのもフェイキックIOLならではのメリットでしょう。ただ、フェイキックIOLは、あくまでレーシックやエピレーシックの手術が不適応とされた人で、どうしても屈折矯正手術により視力回復を希望する人の最終的手段、とされています。

レーシックに比べ、手術費用が高く、眼内レンズは海外メーカーに外注するため、レンズ代金は前もって支払う必要があります。さらに、レンズの入手までに約3週間程度の日数がかかります。まだ比較的新しい技術であり、高度な医療技術が要求される手術なので、国内で認定されているフェイキックIOLの執刀医は非常に少ない、というのが現状です。こうしたデメリットも知っておくことでしょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること