視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


超音波による近視矯正について

近視の治療として行われているものに、超音波療法があります。以前から、仮性近視の矯正には、眼科医でよく行われていて、実際に超音波による治療を受けた人も多いかもしれません。最近は、こうした超音波による近視の治療が家庭でも行えるものがいくつか販売されています。超音波治療器、低周波治療器などを使って目のマッサージを行うことで、目の調節筋肉の緊張を、ときほぐし、近視を回復させる、という原理です。

こうしたものも含めて、最近は家庭で出来る視力回復のための機器がいろいろ販売されていますが、果たして本当に家庭で視力矯正が図れるのか、疑問に思う人も多いでしょう。確かに、医療用として承認されている眼科用超音波・低周波治療器は、目の調節筋肉の緊張をほぐす効果があり、これにより、眼球の血流が良くなったり、新陳代謝が活発になり、眼精疲労を取り除く効果はあるという、学会の報告もあります。

しかし、視力の回復、という点では、効果を疑問視する眼科医が多いのも事実です。要は、近視を悪化させないため、家庭で、眼をリラックスさせるためのもの、と考えた方が良いみたいです。仮性近視であれば、目の緊張を解きほぐすことで視力の回復につながりますが、ピント合わせの力を一切使わない状態、つまり目本来の状態が近視である場合には、全く効果がない、という意見もあります。

仕事で眼を酷使した後、テレビを長時間見た後、読書の後などに、眼を休ませるには効果があるかもしれません。個人差がありますが、視力が回復した、という声もあるのは事実です。小さな子どもから高齢者まで、誰でも使えるというメリットもあり、全く無効とは言い切れないでしょう。超音波による刺激で体全体もリラックスできれば、それなりに意味もある、と言えます。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること