視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


コンタクトレンズについて知っておくべきこと

最近は、さまざまな視力矯正のためのコンタクトレンズが発売されているため、購入にも迷ってしまうかもしれません。コンタクトレンズは医療機器なので、・視力・角膜の曲がり具合・目の疾患の有無・涙の量やレンズの動き・使用目的と環境。こうした、広い角度から総合して処方されます。検眼・処方は眼科専門医しかできないので、必ず眼科医の検眼・処方を受けてから購入することです。

コンタクトレンズは、角膜に直接装用するため、メガネと比べ、像が歪んだり大きさの変化が少ないことがメリットの一つです。多少個人差がありますが、屈折異常が強度になったり、左右の視力差が大きい場合、眼鏡による矯正が難しいケースがあり、こうした人にはコンタクトレンズが向いていることになります。また、眼鏡だと頭痛や眼精疲労を伴い、長時間装用できない人もいます。そのような人もコンタクトレンズの方が向いています。

一方でコンタクトレンズのデメリットとしては、乱視の矯正は不十分な場合があること。細菌などが繁殖しやすく蛋白質も付着しやすいため、レンズの消毒や蛋白質除去など、適切なケアを心がけなければいけない。レンズが劣化しやすいこと、などがあります。角膜に点状の傷がついてしまう「点状表層角膜炎」という眼疾患が起こることもあります。

読書などで近くを見ることが多いときにメガネをかけ、それ以外のときはコンタクトレンズに変える、という使い方をしていると、コンタクトレンズの方が近視が進まないのでは、と感じることが多いようですが、実際は、コンタクトレンズとメガネを比較しても、近視の進み具合はほとんど変わりありません。近くばかりを長時間見ていると近視がすすむ。また、あまり度の強いメガネやコンタクトレンズをしていると、近視がすすむことがある、という基本的なことも頭に入れておくことでしょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること