視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


オルソケラトロジーによる視力回復

コンタクトレンズは、通常、常に装着して視力矯正を行う手段とされています。これに対し、新しく、コンタクトレンズを視力回復の手段として利用する「オルソケラトロジー」という方法があります。レーシックなどの手術以外の方法として今、注目が高まろうとしています。オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。

寝ている間に、高酸素透過性のコンタクトレンズを装用することで、近視を矯正します。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果があるといわれます。この程度の近視の場合、約1週間の治療で0.7〜1.0ほどまで視力が回復すると言われています。早ければ、オルソケラトロジーを開始した翌日から、裸眼で生活できるようになるケースもあります。また、近視の進行を予防するのにも効果があるとされています。

それぞれの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、特殊なコンタクトレンズを作成し、そのレンズを夜間に装用するだけで、日中は裸眼で生活することが可能になります。個人差はありますが、朝になってコンタクトを外すとよく見えるようになり、1週間もすると効果が得られるようです。非常に有効で、安全な治療法とされています。

デメリットとしては、専用のコンタクトレンズを使わなければいけないので、両眼で約15〜30万円程と、メガネやコンタクトレンズに比べれば、やや費用がかかることがあります。装用をやめると次第に元の視力に戻ります。また、コンタクトレンズを使うために、ハードコンタクトレンズと同じ程度の眼病が出てくる可能性もある、というところでしょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること