視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


メガネによる視力矯正について

視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるので、やはりメガネは必須と言えます。初めてコンタクトをする場合、まず、コンタクトを作るのでも、短時間の着用から少しずつ時間を延ばし目に慣れさせていく必要があるため、同時に眼鏡も用意した方が良いものです。また、目に何かしらの異常(充血・沢山の目やに・腫れ・ブツブツ等)がある場合、眼科医の許可が出るまではコンタクトの着用を避けた方が良いので、スペアとして眼鏡が必要になります。

メガネはかつて老眼の矯正が主な目的でしたが、今は老眼以外、乱視、遠視、近視など目の屈折異常を補正する道具として使われています。耳から掛けるメガネが主流ですが、形状も今は様々なバリエーションが出てきています。視力矯正の他、まぶしいのを遮るサングラスも広く使われ、多様性が出てきています。

また、レンズの技術も進み、もともとは近視の度合いが強ければ、その分だけレンズも厚くなるものでしたが、今はレンズを薄く作る技術が開発され、レンズの厚いメガネをする必要がなくなりつつあります。かつては度の強いメガネをかけていると、「がり勉」などとからかわれたりしたものですが、今はメガネに対する偏見もなくなりました。

一方で、かけたりはずしたりするのが面倒、スポーツの時には不向き、左右の近視の度合いの差が大きいときはメガネはふさわしくない。視野が狭くなる、などのデメリットがあるのは事実です。また、メガネのノーズパット(鼻を押さえる楕円形のパーツ)の痕が残ってしまうことがあり、これが、特に女性にとっては大きなデメリットとなることもあります。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること