視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


レーシック手術で気になること

レーシック手術について色々なことがわかったと思います。 レーシックの手術を受けてみたいのだけれど、さまざまな ことが気になっている、という人もいるでしょう。気になる ことを解決しておきませんか。

たとえば、レーシックの手術をしたら、メイクをすることは できるのでしょうか。アイメイク以外は翌日からできるのが 普通です。アイメイクに関しては、念を入れて1週間〜2週間 程度は控えておくようにしたいですが、その後は普通にメイク をしても大丈夫です。

次に、なぜ妊婦はレーシック手術を受けることができないの でしょうか。これについては、ホルモンのバランスが影響して しまうためだといわれています。時期によっては子宮が収縮 してしまう危険性もあります。ですから、妊娠しているときは レーシックの手術は受けられないとされているのです。また、 授乳中にレーシックの手術が受けられないのは、レーシックの 手術後に点眼などで使用する薬が、授乳することで赤ちゃんの 体に入ってしまうからです。

次に、スポーツをしている場合、どの程度そのスポーツを休ま なくてはならないか、という心配がありますね。それを解決 しましょう。ゴルフなど、目に衝撃や外圧がかからない場合には、 手術の1週間後から競技は可能だといわれています。またサッカー やサーフィンなどについては、手術を受けて1ヶ月程度は休まな くてはなりません。さらに、格闘技などをしている場合には、 普通のレーシックは受けられないとされているので、医師に 相談してどのような方法を選ぶか決めるといいでしょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること