視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


レーシックと失明

レーシック手術は、レーザーによる視力矯正の方法です。 角膜のカーブをレーザーによって矯正することで、裸眼で 視力を回復させることができるのです。ただし、角膜に レーザーを照射するのでさまざまな合併症について備えて おくことが必要です。光がまぶしく見えるなどの合併症や、 ドライアイの合併症もあります。

さらに、一番重いと言われている合併症では、角膜が拡張 してしまう、という合併症もごくまれにですが見られます。 この合併症は、角膜を薄く削りすぎることによって起こる 合併症です。角膜を削ったときに、眼圧がかかり、角膜が 前方に拡張してしまう、という現象が起こってしまうこと があるのです。

この合併症については、報告されている事例としては数は 多くありません。ただし、報告されている事例は重いもので、 再手術をしなくてはならない状態になってしまうようです。 ではこうした重い合併症により、失明してしまう危険性は ないのでしょうか。レーシックの手術を受けたいのだけれど、 どうも躊躇してしまう、という人の中には、失明する危険性 はないのだろうか、と心配している人もいるのではないで しょうか。

こうした心配があるので、どうしても手術を受けることが できない、と思う人もいるでしょう。この点を検証して みましょう。結論から言うとレーシックで失明するという ことは報告されていませんし、可能性としてはほとんど 0に近いということができると思います。というのは、 レーシックの手術では、角膜にレーザーを照射しますが、 それはあくまでも角膜であり、眼球そのものにレーザーを 照射しているのではないからです。

眼球の内部に直接影響を与えることはない手術なので、 失明する危険性はほとんどないということができるのです。 とはいえ、手術においては熟練の医師の元で行うように しましょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること