視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


レーシックとイントラレーシックの違い

レーシック手術には色々な方法があることがわかりました。 それぞれにメリットもありますし、向き、不向きがあります。 ところで、一番オーソドックスだと言われ、普及しているのは レーシックとイントラレーシックだと思います。この両者は どのように違っているのでしょうか。

レーシックの手術は、マイクロケラトームといわれるカンナの ような機械で角膜をフタのように削り、フタを開けるようにして その内部にレーザーを照射し、再びその角膜のフタをして自然と 結合させ、元に戻す、という方法です。レーザーを照射すること によって、角膜の屈折の角度を変え、レンズの焦点が合うように 調節するのです。イントラレーシックでも、レーザーを照射して 角膜の角度を変える、という点は同じです。では、両者はどこが 違うのでしょうか。

それはフタを削るやり方の部分です。レーシックではマイクロケ ラトームを使いますが、イントラレーシックの場合にはこのような 機械は使いません。イントラレーシックではフタを作るためにも レーザーを使っているのです。このときフタを作るためのレーザー のことをイントラレースFSレーザーといいます。

レーザーを使ってフタを作ることはどのようなメリットがある のでしょうか。この場合のメリットとしては、フタのエッジの 差にあります。ケラトームのようなカンナで切る方法では、角膜 のフタは垂直に刃が入った状態になるので、エッジの部分が直角 になります。

これは再びフタを戻したときに、ずれやヨリを生んでしまう可能性 があります。レーザーでフタを切る場合には、エッジの部分が薄く 斜めに切れ目を入れることができます。そうなると、フタを戻した ときに盛りあがってしまったりヨリができてしまう可能性が低く なる、というメリットがあるのです。これがイントラレーシック の人気の秘密です。

[PR]組み込みエンジニアの転職情報



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること