視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


レーシックの種類

レーシック手術について調べてみるとレーシックにもさまざまな 種類があることがわかります。それぞれに特徴も違い、やり方など も違っていますので、これからレーシック手術による視力矯正を 考えている人は、これらについて違いを知っておくことが必要に なりますね。

一番普通のレーシックと言われているのは、ケラトームとも言わ れるレーシックです。マイクロケラトームとはカンナのような機械 のことで、これを使って角膜を薄く削り上げてその中にレーザーを 照射します。このとき、角膜は削り取らずにフタのようにしておき、 レーザーの照射が終わったらそのフタを元に戻します。これが新し くなったのがイントラレーシックと言われるレーシック手術です。

これは、マイクロケラトームといわれるカンナを使わず、角膜の フタを作るためにもレーザーを使うやり方です。また、最近よく 聞く手術の種類として、ウェーブフロントレーシックという言葉 があります。これは、手術の前に目の形の測定を行うための技術 を含んだレーシック手術です。眼球の形などを正確に把握できる ので、的確な手術を行うことができるのが特徴です。ただし、 手術の技法の内容としては、レーシックかイントラレーシックを 採用しています。

さらに見ていくとエピレーシックという方法もあります。これは、 角膜を削らなくてはならないのに角膜が薄い人などに向いている 手術です。基本的には手術のやり方はレーシックと一緒です。 マイクロケラトームといわれるカンナを使わず、エピケラトーム というカンナを使うのが特徴です。これまで手術が受けられないと 言われていた角膜の薄い人や、強度の近視の人に向いているのです。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること