視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


レーシックは誰でも受けられる?

レーシックの手術は、視力矯正の手術ですが、煩雑な作業など がなく手術自体も簡単なものなので、手軽に受けることができる、 と人気です。裸眼の状態で視力を得ることができるので、今まで 眼鏡などによりさまざまな制限を受けた人も、レーシックの手術 を受ければその必要がなくなるのです。ではこのレーシック手術 は、誰でも受けることができるのでしょうか。手術について制約 があるのかどうかを見ていきましょう。

レーシックは、さまざまな面で制約があります。まず17歳以下 はレーシック手術を受けることはできません。これは、眼球自体 が18歳程度までは成長過程にあると言われているためで、成長が 止まってからの手術をすることが大切なのです。ですから年齢的 には18歳になってからでないと手術を受けることはできないのです。

また、レーシックの手術は、妊娠中、授乳中の人は受けることが できません。さらに糖尿病や膠原病などの内的な疾患がある人は、 受けられないこともあるので、持病としてどのような病気にかか っているかなどは問診のときにきちんと申告しましょう。

さらに、目の状態によっては手術を受けられない場合もあります ので問診できちんと見てもらうことが大切です。角膜が薄すぎる人、 乱視などがあまりにきつい人、白内障、緑内障がある人などは レーシックの手術を受けることはできないとされています。角膜 の厚さについては程度の問題で受けられる場合もありますので、 個別に相談してみることが必要です。

また、花粉症の人は、目に影響が出てしまう時期もあります。 レーシックの手術を受けることはできますが、色々なリスクを 考えると、花粉症の症状が強く出ているときは避けたほうが無難 でしょう。花粉症が落ち着いている時期に受けるようにしましょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること