視力矯正@情報館 | メガネ・コンタクト・レーシックなど


使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、清潔に保つことが必要な道具です。目に直接 装着しますので、菌が繁殖したり、傷がついたりすることはよく ありません。そういう必要性から、今では使い捨てのコンタクト レンズが開発され普及するようになりました。現在ではコンタクト レンズを使う人の中で、かなりの確率の人が使い捨てのコンタクト レンズを使っているということです。

使い捨てコンタクトレンズには、いくつかの種類があります。 文字通り、使い捨ての1日のタイプ。そして1週間ほど連続装着が できるタイプもあります。さらに、2週間連続で装着できるという タイプもあります。清潔という意味では1日で使い捨てるタイプが 一番優れていますが、コストを考えると2週間のほうが割安になって います。それぞれの特徴がありますので、それをよく理解して選ぶ ようにしましょう。

1日のタイプは、コストはかかりますが、目には一番優しいコンタ クトレンズと言えるでしょう。消毒や洗浄の必要がなく、誰でも 簡単に使うことができます。ただし、一度外すと1日たっていなく ても再び装着できない、などのデメリットもありますので、予備 を持ち歩くなどのケアも必要になります。1週間装着したままでいい、 というコンタクトは、そのまま眠ることもできると言うのがなんと いってもメリットでしょう。ただし、ずっと装着しているので、 目を痛める可能性もありますので注意しましょう。夜勤の多い方 などには好まれているようです。

一番通常のコンタクトレンズに近いのは2週間タイプです。コスト は安いですが、目のトラブルが心配される部分もあります。そして、 1日タイプや1週間タイプとは違い、外して洗浄、消毒をしなくては ならない、ということです。それぞれのよさを理解して、自分に 合ったものを選びましょう。



当サイト人気コンテンツ

メガネによる視力矯正について
視力矯正で一番ポピュラーなのは、やはりメガネの着用でしょう。コンタクトレンズを装用することになったとしても、場合によって、どうしてもコンタクトレンズが使えないときもあるのでやはりメガネは・・・ 続きを読む

オルソケラトロジーによる視力回復について
オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着し、昼間の視力を回復させる方法です。この方法だと、特に視力が0.05〜0.1程度の、軽度から中程度の近視に対して効果・・・ 続きを読む

アイマスクによる視力矯正
アイマスクによる視力矯正の方法があります。これはいわゆるピンホール法によるもので、不透明か黒い面に小さな複数の穴が開いていてそこからものを見ることで、眼球レンズの調整機能が鍛えら・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ レーシックの種類
★ イントラレーシック
★ 使い捨てコンタクトレンズ
★ 視力矯正と失明
★ 手術で気になること